そのお肌、【皮フ痩せ(ダーマぺニア)】かもしれません!

こんにちは!
津田コスメスタッフの今泉です。
 
突然ですが皆様、こんな肌悩みありませんか?
 
□ ポツポツが出やすい
□ 毛穴の開きが目立つ
□ 化粧水をつけるとピリピリする
□ 皮膚のムズムズや赤みが気になる
□ 使っていた化粧品が合わなくなってきた
 
↑ ひとつでも当てはまった方、もしかするとそれ、「皮フ痩せ」かもしれません!!
 
【皮フ痩せって何!?】
 
「皮フ痩せ」とは加齢ストレスなどにより皮フの構成成分(ヒアルロン酸、コラーゲン、細胞間脂質、NMFなど)が減少し、肌が痩せたようにスカスカになる現象を指します。
 
津田コスメ開発者である津田攝子はそのような現象を「皮フ痩せ」と名付け、通称“ダーマぺニア”と呼んでいます。
 
皮フ痩せを起こしてスカスカになっているお肌は紫外線や大気汚染物質の影響をダイレクトに受けてしまう為、非常にもろく、あらゆるトラブルを招きかねません。
 
それにより、上記に挙げたような肌悩みをお持ちの方がここ数年、とても増えているようです!!
 
【皮フ痩せの原因は様々!】
 
ではなぜ、そういった「皮フ痩せ」が起きるのか。
加齢、紫外線、ストレスなどその原因は様々ですが、津田攝子が着目したのは新しい刺激「心理ストレス」です。
 
心理ストレスと聞くと、私には関係ない!と思う方もいるかもしれませんが、実は日常の様々なところで知らないうちに、
「隠れストレス」を受けているかもしれません。
 
たとえば・・・
 
 
 
 ①満員電車
(毎日の通勤や帰宅、遅延でのイライラ・・・)
 
 
 
 

 

 

②新しい住環境 
(引越しや職場の転勤、異動)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   ③狭い職場環境
   (狭いデスクやオフィス)
 
 
 
 
  
 
 
 
こうした日常の当たり前になっている環境の中でも実はお肌はストレスを受けている可能性があります。
その結果、皮フ成分の減少に繋がり「皮フ痩せ」を引き起こしてしまいます。
 
【スキンバリアクリームで皮フ痩せ対策を!】
 
 
 
 
①潤いケア
健康な肌は肌内部がしっかりと水分や皮膚の構成成分で満たされており、潤いをつなぎとめることで外からの刺激を守るバリア機能を果たしています。
「植物由来バリアアップ複合体*」といった6種の植物のチカラで水分をつなぎとめ、肌の内側から潤いを保ちます
※サクラン、フィトステロール、セラミド2.3.6、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、大豆リン脂質、グルコシルトレハロース
 
②ゆらぎにアプローチ
「スキンバリアクリーム」はもともと肌のゆらぎを抱えた敏感肌の方にもお使いいただけるように調合したクリームです。
植物由来成分*で皮膚のカサカサやピリピリなどのゆらぎにアプローチします。
※グリチルリチン酸2K、ローマカミツレ、カンフル、アラントイン
 
また保湿クリームでニキビができやすい方でも安心のノンコメドジェニック処方!(→ノンコメドジェニック処方とは?)
 
③エイジングケア*         
年齢とともに減少しやすい皮膚の構成成分をたっぷりの栄養で補い、みっちりとした潤い溢れるお肌へ導きます。
※プエラリアミリフィカ根エキス、ザクロエキス、ローヤルゼリー
※年齢に応じたお肌のお手入れ
 
④巡りをケア
肌内部の巡るチカラをサポートすることで、くすみむくみなどの肌トラブルを防いでくれます。
※オレンジ由来成分、ダイダイ、グルコシルへスぺリンジン
 
ぜひスキンバリアクリームでストレスに負けない肌作りをし、脱・ダーマぺニア(皮フ痩せ)を!!
 
スキンバリアクリームについてもっと詳しく知りたい方はこちらから。
 
津田コスメ公式サイトはこちらから。