日経WOMAN EXPO 2017 講演いたしました。

今年もあっという間に師走を迎え、寒くなってきましたね。
先日、「日経WOMAN EXPO」(東京ミッドタウン)で、乾燥肌対策について
講演しました。

IMG_4717

皆さんも、冬の乾燥対策として以下の3つを取り入れて、厳しい冬を乗り切ってくださいね!

洗顔を見直す
潤いを残しながら汚れを落とす洗顔料で、決してゴシゴシ洗いをしないこと。
特に、頬骨付近のシミが気になっている方は、頬骨に摩擦刺激はNGです!
(ピンクのマッサージウォッシュジェルは、冬の朝洗顔にぴったり!美容保湿ジェル
の様な処方なので、洗うだけで潤いを感じられますよ。)

②肌のバリア機能をアップさせる保湿をたっぷり
冬の保湿は、朝と晩だけでは不足しがちです。
日中もポーチに保湿クリームを携帯して、ファンデなどの上からでも上掛け保湿を。
(私は、スキンバリアクリームフィルムアップトリートメントを小さな容器に
持ち歩き、日中も乾いた部分にバームやファンデの上から上掛け保湿をしています!)

血行促進を心がけましょう
気温の低下で血行が悪くなると、肌に十分な栄養が届きにくくなり、潤いのない
キメの荒い肌になってしまいます。
津田攝子式静脈マッサージを日々のスキンケアに取り入れて、血行を促しましょう。
(私は、2種類の美容液の後に、スキンバリアクリームをサクランボ大程取り、
マッサージメソッドで、なじませています。肌の張りが格段に違ってきますよ!)

IMG_4791

イベントの多い12月、お肌の調子が良いと自信を持って出かけられますよね。
素敵で楽しい12月を!

最近お気に入りのお粥

お湯を入れるだけで、簡単に美味しいお粥ができる、フリーズドライタイプのお粥。

ヘアメイクアップアーティストの山本浩未ちゃんに頂き、感激!

IMG_0624

冷蔵庫にある、梅干しなどと一緒に朝食にしています。

IMG_0626

どれも美味しいので、お正月のおせちに飽きた時にもぴったりですね!

一年の無病息災を願って、1月7日には七草粥をいただきたいと思ってます!

津田式バリアシリーズ第2弾!! 新製品マスコミ発表会

紫陽花の美しい時期に、新製品のマスコミ発表会を行いました。

1日に3講演行ったのですが、お陰様で沢山の方々にご参加頂き、盛況の内に 無事終える事ができました。

お忙しい中ご参加くださいました関係者の皆様、ありがとうございました!

スキンバリアクリーム

今回発表しました新製品は、津田式バリアシリーズ第2弾「スキン バリア クリーム」 です。

私たちは、高齢化・大気汚染・隠れストレス(本人が気が付いていない日常のストレス) など、肌が容易にダメージを受けてしまう環境下に、今を生きています。

これら様々な要因で引き起こる現代人の肌悩みの根底には、ダーマペニア「皮ふ痩せ」 があると考え、肌密度を上げ、肌体力をつけるクリームの開発を目指しました。

20代~30代で肌が揺らぎがちな方、40代からの更年期に突然肌不調に悩む方、 小さなお子様から様々な年齢の方に、男女を問わず安心してご使用いただける クリームがやっと完成いたしました。

スキンバリアクリーム

このクリームを付けていただくと、伸ばしずらかったスキンバリアバームが肌の上でスルスルと 伸びていく使用感の相性もご実感いただけることと思います。

またバームとの併用使用は、より効果が高まることもモニター使用で十分確認いたし ております。

現代人の肌が本当にに必要としているは、こういう物であること、、、その私の考え を「スキン バリア クリーム」に乗せて、肌が強く美しく安定してくる実感を、 皆様にお届けしたいと思っています。

どうぞ、9月1日発売をお楽しみに!!

2016年間ベストコスメ賞


ここのところ全国的に寒い寒い日が続いていますが、今年も宜しくお願いします! TSUDAコスメをご愛用の皆様に、嬉しいご報告があります。

昨年発表した「スキンバリアバーム」が、上半期ベストコスメ賞受賞に続き年間ベストコスメ賞 を頂くことができました。皆様のご支援本当にありがとうございました。

eclat(集英社) 美ST(光文社) &ROSY(宝島社) の3誌です。 (美STさんからは、立派なトロフィーも頂きました!)

美ST、ベストコスメ 

 スキンバリアバームは、モデルさん、女優さん、美容ジャーナリストさんなど美容のプロの ご愛用や口コミが私自身が驚いてしまうほど多かったのですが、ベストコスメ審査員の方々 のコメントにその理由を垣間見ることができ、感激しました!

ベストコスメ

「肌荒れやかさつきに、薬のように効いてくれる本当に頼もしいバーム。朝使えば肌のキメや肌色 が1日安定する手応えもうれしい。働き者です。」(ジャーナリスト齋藤 薫さん)

「急にシミが増えたとき、紫外線を浴びたとき、これをつけておくと本当に早く回復します。 美白コスメと一緒につかうのがお勧め。」(ジャーナリスト奈部川 貴子さん)

「鼻炎で鼻をかみすぎてヒリヒリしていたときにたっぷり塗ってマスクして寝たら翌朝回復。日中の環境から守るデイリーケアはもちろん、SOSにも手放せず早くも3個め使ってます。」(ジャーナリスト山崎 多賀子さん)

「隠れ炎症が多い年代の刺激への対応を考えたバーム。季節の変わり目のかゆみに使用。まるで塗るサプリメントです。」(モデル 前田 ゆかさん)

などなど、私が皆様にお伝えしたい内容が審査員の方々のコメントに一杯詰まっていました。 

ベストコスメ

 

今年も、皆様に喜んでいただけるスキンケアをお届けできるよう頑張ります!

今年もありがとうございました!


今年も余すところあと僅かになりました。

今年は、「スキンバリアバーム」で大きな反響を頂き、100誌以上の 有名雑誌にご掲載頂きました。

ご紹介くださった皆様、ご愛用いただきましたユーザー皆様、 本当にありがとうございました!

とにかく嬉しくも驚いたのが、沢山のジャーナリストさん、美容編集者さん、 メイクアップアーティストさん、モデルさん、女優さんなどなど様々な 美容のプロの方々が愛用してくださっただけでなく、口コミしてくださっていた事!

来年も、皆様のお役に立てるプロダクトをお届けできるよう、頑張って参ります。

(実は、現在懸命に開発にいそしんでおります。)

来年も宜しくお願い申し上げます。

私は、今年の秋に57歳の誕生日を迎えました。 還暦まであと3年。

大事に年を重ねていきたいと改めて感じました。

ドクターズコスメ

(お花は美STでもお馴染み、モデルの前田ゆかちゃんにお誕生日にいただいたもの)

皆様、良いお年をお迎えくださいませ!

津田攝子

ドクターズコスメ 津田のキッチン収納術&むくみ取りスープ


キッチンの引き出しにしまい込んだ物って、意外と忘れて気がついたら 正味期限切れ、、、なんて事が多いぞ、と感じることが多くなり、 収納ボックスに整理整頓してみることに。

ドクターズコスメ

しばらく使っていなかった乾物も出てきて、春雨、キクラゲなどを 使った乾物のスープを作ってみました。 ローカロリーで、腸にも良く、むくみ取りにもぴったりです。

小学館「美的」の静脈マッサージの取材に際にもこのむくみ取りスープ紹介しました!

ドクターズコスメ

 

 

 

 

女子会ランチ


先日、ジャーナリストの山崎多賀子さんと原千晶さんと女子会ランチしました。

山崎多賀子、原千晶

お二人とも、ご自身の癌を乗り越え、明るく前向きに頑張っているとても ハートフルで素敵な女性達。

特に、癌患者さんの為の精力的なボランティア活動には、頭が下がります!

3人とも「みなさんに喜んでいただける活動を!」というポリシーが共通していて、 いろいろな話で盛り上がりました!

 原千晶

 

原さんもTSUDAコスメをお気に召してくださったとの事で、「S」のイニシャル入りの 素敵なグラスをプレゼントしてくださいました。

朝の目覚めの1杯のお水が、美味しく感じられます! 素敵な時間とグラス、本当にありがとう!

これからも、多くの方に喜ばれる活動を続けていきましょうね。

クロワッサン出演「自分を愛せる人は、肌も美しい」


クロワッサン(932号) 美容特集号 「自分を愛せる人は、肌も美しい」

40代、50代になっても若々しい人そうでない人の違い。 つまり「年齢から自由な人」と「おばさん」の違いとは? クロワッサン、津田コスメ このテーマで脳科学コメンテーターの黒川伊保子さん、美容ジャーナリストの倉田真由美さん とクロワッサン(8月25日発売)美容特集号の巻頭企画で鼎談させていただきました。

なんと、3人は偶然にも同じ年! それぞれの立場からのお話は、私にとっても有意義で、勇気を貰える内容となりました。

黒川さんによると、56歳で脳は成熟期を迎えるそう! 「老けた」「物忘れがひどい!」なんて落ち込まなくって いいのです。

56歳からの成熟した脳を楽しむ為にも、是非ご一読を!

クロワッサン、津田コスメ (この日のメークは、尾花ケイコさん。素敵なメークありがとう!!)

ドクターズコスメ スキンバリアバーム「2016上半期ベストコスメ賞」受賞!!


スキンバリアバームが、「Marisolマリソル」「Voce,」「non・no」で ベストコスメに選ばれました。

美容ジャーナリスト、ヘアメイクアーティスト、美容編集者の方々をはじめ 美容のプロフェッショナルに多くの支持をいただいていますこと、 大変嬉しく感激です。 ドクターズコスメ 特殊なテクスチャーのため、お肌に悩む一部の方々に支持していただければ それでも良いと思って開発して参りました。

でもきっと、「これで助かる方がいるはず、、、」という思いで、 化学者の方に製造を断られながらも安定性の難しい処方に敢えて挑んできました。

しかし、発売してみると沢山の方々に 「こんなの待ってた!」「本当に助かった!」 と喜びの声を寄せていただきました。

苦労が報われる思いでした。 本当にありがとうございました。

VoCE7月号「近藤須雅子の目ウロコスメ学」

日本のトップ美容ジャーナリスト近藤須雅子氏のコスメ学のページ。

「敏感肌向けコスメが華々しい転身を遂げている」と、シャネルさん、資生堂さんの新製品プロダクトと共にTSUDAコスメのスキンバリアバームをご紹介いただいています。

ドクターズコスメ

近藤氏は

「敏感肌向けコスメがマイナージャンルから、世界中から求められるメジャーな存在に、機能性もお洒落度も、ぐぐぐっと上昇した。

肌に負担をかけない低刺激でありながら、汚染物質や刺激物を遮断し、トラブルや加齢を促進する炎症を鎮火してくれる強くて優しい処方が可能に。

1週間程で肌の不調がおさまった、と高い即効性で好評を得ている。」

などと独自取材の内容と自身の実感をまとめ上げているのです。

 また、「美白製品がちっとも効かないと思っていたシミが、実は自覚症状のない炎症によるメラニン過剰ということも少なくない。敏感肌じゃないから、と遠慮せず、使ってみる価値は大ありだ。」と締められています。

 

私が皆さんに伝えたかったことを、時代と肌を鋭く読み取ってきた近藤氏が丸っと表現してくれています。