投稿者「tsudacosmeadmin」のアーカイブ

「ルーティンに疑問符」

今回の日経BP社「et Rouge」の取材は、
「今よりベターを目指すなら、そのルーティンに疑問符を。」というもの。

化粧水、乳液、クリームという従来のお手入れをしていても、あまり効いている気がしない、結果に満足していないという方も多いのでは?という事で、取材を受けました。

ルーティンな順番やアイテムよりも、スキンケアで最も重要で、かつ結果を出すために必要なことの一つに、肌の油水分のバランスがきちんと取れているか?その人の肌に合っているかということがあります。

「しかし先生、読者の方々がその油水分バランスが良いのか悪いのか?を自分で判断する事は、難しいですよね?」という質問が飛んできました。
そこで、常々私がスキンケアが合っているか、肌状態が改善したかの判断材料にしている「質問」をこっそりお教えしました。

患者さんやユーザーさんのスキンケア効果判定を行う際に、検査器機も用いるのですが、必ず聞く様にしている質問があるのです。
それは、「朝、顔を洗った時に、肌がスベスベする様になりましたか?」ということ。
なぜなら、肌がスベスベすると答えた方は、必ず器機を用いた検査でも明らか改善を見せているからなのです。

これなら、自分でも判断できますよね!
自分に合ったベストバランスを知って、確かな手応えを手に入れましょう!

津田式静脈マッサージ プロ施術

今年もあっという間に紫陽花の季節が近づいてきましたね。

林修先生が驚く初耳学

春に「林修先生が驚く初耳学」で、津田式静脈マッサージを紹介して頂きました。

そして、スタジオのタレントさん達には内緒で、林修先生に静脈マッサージを体験して
いただいたところ、先生の目がパッチリ!フェイスラインもスッキリ、、、
そのビフォーアフターのVTRがスタジオで流れた途端、スタジオのタレントさん方から、オッー」と驚きの声が上がりました。

津田式静脈マッサージは、解剖学の静脈の流れに忠実に流すメソッドなので、血行が良くなる上、水はけが抜群に良く、小顔効果リフトアップが期待できるからなのです。

その津田式静脈マッサージをプロの手で受けらるサロンが、津田クリニックだけ無く、
大阪や東京でもスタートしました。

私も先日「ホワイトハウス 広尾店」でも受けて、スッキリ!!
首や肩までしっかり流すので、肩こりの方にもオススメです。
使用するお化粧品も全て津田コスメですので、安心して受けて頂けていただけますよ!

これから水分を多く摂る季節、津田式静脈マッサージのプロメソッドで、スッキリ小顔を目指してみてください。

日経WOMAN EXPO 2017 講演いたしました。

今年もあっという間に師走を迎え、寒くなってきましたね。
先日、「日経WOMAN EXPO」(東京ミッドタウン)で、乾燥肌対策について
講演しました。

IMG_4717

皆さんも、冬の乾燥対策として以下の3つを取り入れて、厳しい冬を乗り切ってくださいね!

洗顔を見直す
潤いを残しながら汚れを落とす洗顔料で、決してゴシゴシ洗いをしないこと。
特に、頬骨付近のシミが気になっている方は、頬骨に摩擦刺激はNGです!

②肌のバリア機能をアップさせる保湿をたっぷり

冬の保湿は、朝と晩だけでは不足しがちです。日中もポーチに保湿クリームを携帯して、ファンデなどの上からでも上掛け保湿を。

(私は、スキンバリアクリームフィルムアップトリートメントを小さな容器に
持ち歩き、日中も乾いた部分にバームやファンデの上から上掛け保湿をしています!)

血行促進を心がけましょう
気温の低下で血行が悪くなると、肌に十分な栄養が届きにくくなり、潤いのない
キメの荒い肌になってしまいます。
津田式静脈マッサージを日々のスキンケアに取り入れて、血行を促しましょう。
(私は、2種類の美容液の後に、スキンバリアクリームをサクランボ大程取り、
マッサージメソッドで、なじませています。)

IMG_4791

イベントの多い12月、お肌の調子が良いと自信を持って出かけられますよね。
素敵で楽しい12月を!

最近お気に入りのお粥

お湯を入れるだけで、簡単に美味しいお粥ができる、フリーズドライタイプのお粥。

ヘアメイクアップアーティストの山本浩未ちゃんに頂き、感激!

IMG_0624

冷蔵庫にある、梅干しなどと一緒に朝食にしています。

IMG_0626

どれも美味しいので、お正月のおせちに飽きた時にもぴったりですね!

一年の無病息災を願って、1月7日には七草粥をいただきたいと思ってます!

津田式バリアシリーズ第2弾!! 新製品マスコミ発表会

紫陽花の美しい時期に、新製品のマスコミ発表会を行いました。

1日に3講演行ったのですが、お陰様で沢山の方々にご参加頂き、盛況の内に 無事終える事ができました。

お忙しい中ご参加くださいました関係者の皆様、ありがとうございました!

スキンバリアクリーム

今回発表しました新製品は、津田式バリアシリーズ第2弾「スキン バリア クリーム」 です。

私たちは、高齢化・大気汚染・隠れストレス(本人が気が付いていない日常のストレス) など、肌が容易にダメージを受けてしまう環境下に、今を生きています。

これら様々な要因で引き起こる現代人の肌悩みの根底には、ダーマペニア「皮ふ痩せ」 があると考え、肌体力をつけるクリームの開発を目指しました。

20代~30代で肌が揺らぎがちな方、40代からの更年期に突然肌不調に悩む方など様々な年齢の方に、男女を問わずご使用いただけるクリームにしたい!との思いで作成に取り組みました。

スキンバリアクリーム

このクリームを付けていただくと、伸ばしずらかったスキンバリアバームが肌の上でスルスルと 伸びていく使用感の相性もご実感いただけることと思います。

現代人の肌が本当にに必要としているは、こういう物であること、、、その私の考え を「スキン バリア クリーム」に乗せて、肌が美しくなる実感を、 皆様にお届けしたいと思っています。

どうぞ、9月1日発売をお楽しみに!!

同窓会で二番目にキレイになるには・・・

ヘアメイクで皆様お馴染み、山本浩未ちゃんから 福岡で会えない?と、久しぶりに連絡を頂きました。 tuda_c1 浩未ちゃんは、いつも太陽のように明るくって、いつも 前向き、その笑顔は飛びっきりチャーミング。 今回は、スチームタオルのイベントで福岡にみえたのでした。 その時お土産にいただいたのが、浩未ちゃんの鋭い視点が ギュッと詰まった本、「同窓会で二番目にキレイになるには・・・」 だったのです。 まず、タイトルが何とも魅力的。 「ねえ、どうして二番目を狙うの?」という、私の素朴な疑問 に、「だって一番を狙うと、頑張り過ぎちゃってイタくなる 危険性が出て来るからね・・・」と、的確なお答え。 そして、次に本の内容に感心させられます。 顔立ちやタイプ分類に準じたアドバイスは、確かに!! と参考になる事ばかり。 最後に、嬉しかったのは本の「おまけ」。 ヘアのトップに付け、自然な感じでボリュームが出せる 「ちょこっとウイッグ」。 早速、浩未ちゃんに付けてもらいました。 tuda_c2 とってもお得で、ためになるこの本を参考にして、 「同窓会で二番目にキレイ」を目指しましょう!

モデル前田ゆかさんが選ぶスキンケア

美ST(7月号)で、モデルの前田ゆかさんが、 クレンジングウオッシュジェル紹介してくださいました。 tuda1 前田さんは、同じ九州の出身で、明るくって人への 気遣いもさりげなくできる素敵な女性です。 お子さんもいらっしゃる44歳にはとっても見えない 若々しさ。 その上、フルマラソンまで走ってしまう美魔女なのです。 彼女が大人気なのは、綺麗さだけじゃなくって お人柄が顔に出ているからだ!と、常々思っている私です。 いよいよ湿度も高くなり、べたつく季節ですね。 いつもよりサッパリ洗顔したい!という時は、 クレンジングウオッシュジェルで2度洗いもOKですよ。 その時は、お風呂で最初に1回、お風呂から上がる直前に もう1回洗って下さい。 (お肌が乾燥されている方は、1回がベターですが…) 2回目の使用量は、少な目でも大丈夫、そして顔が お湯で濡れていてもわざわざ水滴を拭き取ってから使う 必要もありません。 脂っぽく感じる、ベタつきが気になる・・と いう時には、お試し下さいね。

「ヘッドスパ」でリフレッシュ

梅雨入りして、鬱陶しい季節を迎えましたね。 先日、気分転換も兼ねて広尾の美容室「ホワイトハウス」さん で、ヘッドスパを体験! ホワイトハウスさんは、関西の老舗美容室でエレガントな スタイルがお得意の有名サロンです。 カットやカラーはスペシャリストを養成されているのですが、 ヘッドスパ専門のスタッフさんもいらっしゃるとの事で、 ワクワク!とっても楽しみにしていました。 お着替えの後、プライベートルームに通され、肩周りを ほぐしてもらって・・・何と気持ちの良いことでしょう・・・ 夢心地です。 0618_2 「先生!先生!終わりました。」とスタッフさんに起こされ た時には、全てが終わってしまっていました!! どうやら肝心なヘッド施術の時には、気持ち良過ぎで、すっかり 寝入ってしまっていたようです。 そんな至福の時を過ごし、短時間でリフレッシュ。 セルフマッサージも必要ですが、時には人の手に委ねて 癒されれるひと時を・・・お薦めです! 0618_1

美肌習慣

「美肌習慣」 日経ヘルス6月号で、「美肌習慣」の取材があり、 朝食などを紹介しました。 今日は、私が普段のよく取っている朝食をご紹介したいと思います。 まずは、ヴァイタミックスで作るジュース。 数種類の野菜や果物(リンゴ・人参・トマト・小松菜・バナナ・プルーンなど) をベースに水は1滴も使わず、豆乳と飲むヨーグルトで 作ります。 レモンは、酸化を防ぐ意味合いも兼ねて、これに少量加えます。 (作りたてを飲まない家族の事も考慮して・・・) このジュースで胃腸の調子は、格段に良くなりました! これに加え、トーストをいただくときは、ココナッツオイル とシナモンパウダーをふりかけて・・・。 (ココナッツオイルとシナモンは、血管の事を考えて。) そして、シリアルをいただくときは、「Digestiveダイジェスティブ」を。 オーストラリア政府系研究開発機関が、肥満対策の為に 開発したバーリーマックス大麦が使われています。 牛乳をかけていただきます。 image 朝食を抜く方もいらっしゃると思うのですが、低血圧の 私は、必ず食べてエネルギーチャージします。 朝食で身体を「快調」に,そしてメニュー内容で「快腸」も 目指せる朝食がオススメです。

モデルさん御用達「静脈マッサージ洗顔法」(クロワッサン5月10日号)

「クロワッサン」の5月10日号で、 モデルの鎌田あかりさんが「静脈マッサージ洗顔法」が日課!!と、ご紹介くださいました。 ちょうど、エイジングケアできる洗顔を探していた頃、 津田式静脈マッサージに出会い、朝は「むくみ」対策、夜は「疲れ肌の回復」として、 毎日短時間続けてくださっているそうです。 tusda5 以前、雑誌の撮影で都内のスタジオに伺った日の事。 モデルさんらしき、見知らぬ美女が私にそっと近づき話しかけてきました。 「私、先生のお化粧品使わせて頂いています。 今日はお礼を言いたくて、お声掛けさせて頂きました!」 「えっ…そうなんですか!お役に立てて嬉しい…!!」 と、感激しきりの私。 私にとっては、本当に嬉しいHAPPYサプライズでした。 なぜなら、私はスキンケアを自分自身の為にも作ってはいるけれど、 町医者気質の強い私は、患者さんや多くの女性達に役立ててもらいたい! という気持ちが常に強く、その心意気だけでも受け止めてもらったりすると、 プロダクト製作の「産みの苦しみ」も報われる喜びを感じるからなのです。 見知らぬ美女は、17歳のお嬢さんを持つとは思えぬ、 若々しい清潔感溢れる素敵な方でビックリしたことを、今でも思い出します。 そして、その美女は、「クロワッサン」5月10日号で またしても私に嬉しいHAPPYサプライズを…。 美容を生業にするプロの方々をはじめ、多くのユーザー様に永く愛されるプロダクト製作に今後も努めて参りたいと、 心新たにしている今日この頃です。