メディア情報」カテゴリーアーカイブ

モデル前田ゆかさんが選ぶスキンケア

美ST(7月号)で、モデルの前田ゆかさんが、 クレンジングウオッシュジェル紹介してくださいました。 tuda1 前田さんは、同じ九州の出身で、明るくって人への 気遣いもさりげなくできる素敵な女性です。 お子さんもいらっしゃる44歳にはとっても見えない 若々しさ。 その上、フルマラソンまで走ってしまう美魔女なのです。 彼女が大人気なのは、綺麗さだけじゃなくって お人柄が顔に出ているからだ!と、常々思っている私です。 いよいよ湿度も高くなり、べたつく季節ですね。 いつもよりサッパリ洗顔したい!という時は、 クレンジングウオッシュジェルで2度洗いもOKですよ。 その時は、お風呂で最初に1回、お風呂から上がる直前に もう1回洗って下さい。 (お肌が乾燥されている方は、1回がベターですが…) 2回目の使用量は、少な目でも大丈夫、そして顔が お湯で濡れていてもわざわざ水滴を拭き取ってから使う 必要もありません。 脂っぽく感じる、ベタつきが気になる・・と いう時には、お試し下さいね。

美肌習慣

「美肌習慣」 日経ヘルス6月号で、「美肌習慣」の取材があり、 朝食などを紹介しました。 今日は、私が普段のよく取っている朝食をご紹介したいと思います。 まずは、ヴァイタミックスで作るジュース。 数種類の野菜や果物(リンゴ・人参・トマト・小松菜・バナナ・プルーンなど) をベースに水は1滴も使わず、豆乳と飲むヨーグルトで 作ります。 レモンは、酸化を防ぐ意味合いも兼ねて、これに少量加えます。 (作りたてを飲まない家族の事も考慮して・・・) このジュースで胃腸の調子は、格段に良くなりました! これに加え、トーストをいただくときは、ココナッツオイル とシナモンパウダーをふりかけて・・・。 (ココナッツオイルとシナモンは、血管の事を考えて。) そして、シリアルをいただくときは、「Digestiveダイジェスティブ」を。 オーストラリア政府系研究開発機関が、肥満対策の為に 開発したバーリーマックス大麦が使われています。 牛乳をかけていただきます。 image 朝食を抜く方もいらっしゃると思うのですが、低血圧の 私は、必ず食べてエネルギーチャージします。 朝食で身体を「快調」に,そしてメニュー内容で「快腸」も 目指せる朝食がオススメです。

モデルさん御用達「静脈マッサージ洗顔法」(クロワッサン5月10日号)

「クロワッサン」の5月10日号で、 モデルの鎌田あかりさんが「静脈マッサージ洗顔法」が日課!!と、ご紹介くださいました。 ちょうど、エイジングケアできる洗顔を探していた頃、 津田式静脈マッサージに出会い、朝は「むくみ」対策、夜は「疲れ肌の回復」として、 毎日短時間続けてくださっているそうです。 tusda5 以前、雑誌の撮影で都内のスタジオに伺った日の事。 モデルさんらしき、見知らぬ美女が私にそっと近づき話しかけてきました。 「私、先生のお化粧品使わせて頂いています。 今日はお礼を言いたくて、お声掛けさせて頂きました!」 「えっ…そうなんですか!お役に立てて嬉しい…!!」 と、感激しきりの私。 私にとっては、本当に嬉しいHAPPYサプライズでした。 なぜなら、私はスキンケアを自分自身の為にも作ってはいるけれど、 町医者気質の強い私は、患者さんや多くの女性達に役立ててもらいたい! という気持ちが常に強く、その心意気だけでも受け止めてもらったりすると、 プロダクト製作の「産みの苦しみ」も報われる喜びを感じるからなのです。 見知らぬ美女は、17歳のお嬢さんを持つとは思えぬ、 若々しい清潔感溢れる素敵な方でビックリしたことを、今でも思い出します。 そして、その美女は、「クロワッサン」5月10日号で またしても私に嬉しいHAPPYサプライズを…。 美容を生業にするプロの方々をはじめ、多くのユーザー様に永く愛されるプロダクト製作に今後も努めて参りたいと、 心新たにしている今日この頃です。

婦人画報11月号 「幸せな肌をつくりましょう!」

「ていねいな生き方やお手入れで、内面から幸せオーラがにじみ出てきます。」
と、語るのは美容ジャーナリストの倉田真由美さん。

 婦人画報11月号の美容特集で、幸せな肌をつくるコスメとして、マッサージウオッシュジェルをセレクトしてくださいました。

 倉田さんが、普段心掛けているのは、「ネガティブオーラを出さないこと。」
愚痴の多い人や雑な人は、それが顔や肌に表れる。逆に足るを知りていねいに生きている人は
、幸せオーラを発していて魅力的だと。

私と倉田さんは同世代で、この20年彼女の活動を近くでずっと拝見してきた私ですが、彼女の
内面から発せられる人として、女性としての魅力は、こんな精神性から放たれるものと感じる事が度々あるのです。

そして、「幸せな人の肌は美しい、」は、科学的にも立証されてきている昨今ですが、幸せな人しか綺麗を手にすることができない・・・という訳ではありません。
今、直面している困難を乗り越えるために、心の持ち様を変えるためにだって、美容はその
支援ツールとして存在します。

倉田さんの精神性にあやかり、「ネガティブオーラ」を払拭して、この秋はみんなで幸せ肌を目指しましょう!

 写真

 

「がんサポート」9月号 「いきいきキレイ塾」

今や日本人の3人に1人が、癌になる時代。 癌患者さんだけでなく、患者さんをサポートする方々も定期購読する雑誌が「がんサポート」。 自らが乳癌を患い、それを乗り越え癌患者さん達をサポートする活動を精力的に 行っている美容ジャーナリストがいます。山崎多賀子さんです。その活動には、いつも頭が下がるばかりです。 そんな彼女から、取材の依頼を受けました。 勿論、わたしも何かお役に立てればと、お引き受けした記事が9月号に掲載されました。 「誰でも病を患うと、気持ちが落ち込む・・・でも美容は、そんな暗い気持ちを前向き にしてくれる事が、自分が癌になってみて痛感したの!」と、山崎さんは言います。 そして、癌患者さんを専門に治療に当たっているドクターの言葉が思い出されました。 「心の健康は、体の健康!心の健康ありき!」 悩みやストレスで押し潰され、気持ちが元気になれないと、それが目に見え無いところで、身体や肌にもに障る・・・ 私がひどい肌トラブルで落ち込んだ経験から感じ学んだ事も、全くこれと同じでした。 肌がキレイになると、その人の心持ちと共に、人は人生まで変えて行ってしまう・・・「美容の持つ意義は深い!」と、多くの私の患者さん達からも痛感させらてきた私ですが、今回改めて声を大にして言いたい気持ちになりました。 美容は、落ち込んだ心を前に向かせてくれる強力な「サポーター」となり得るという事を。 写真

美ST編集部でもリピ買い続出!毛穴ケアの常識を変えた!W美容液

「先生のW美容液が、美ST編集部内でブレイクしていて、みんな自腹でリピ買いしてるんです!今度の毛穴企画で、先生にぜひご出演頂きたいのですが・・・!」と、急に連絡をいただき光文社さんのスタジオに伺った日の事です。 スタジオには、驚く程の巨大なセット。真ん中に大きな穴が空いていました。 この穴は「毛穴」を表現していて、そこからモグラのごとく私が顔を出し、 ローラちゃんのOKポーズをするという企画だったのです?! その写真が、美ST10月号に掲載されました。(勿論、ローラちゃんの様にカワイイ 訳はありません!) 写真 撮影後、スタッフの皆さんが記念写真を撮りたい!!と言ってくださったので、 女子4人、毛穴の中に入りOKポーズ。 スタッフの皆さんのはっちゃけた表情をご覧ください! 写真 (1) 皆さんのお蔭で、楽しい撮影となりました。 ありがとうございました! そして、美ST編集部で美容液をリピ買いして下さっている 編集者やライターの皆様、いつも本当にありがとうございます! 毛穴の気になる猛暑の日々、私のオススメはTsクレンジングウオッシュジェル で洗顔後、ブースターをコットンに取ってお拭き取り。さっぱりしていいですよ。

ベテラン美容ジャーナリストが贈る「9割の人が間違っている化粧品「効きめ」の真実」(講談社)

ベテラン美容ジャーナリストが贈る 「9割の人が間違っている化粧品「効きめ」の真実」(講談社) 有名美容雑誌の編集長も勤めていたベテラン編集者と、日本が誇るトップ美容ジャーナリストがタッグを組んで、本当に「伝えたい」ことをギュギュッと詰めて、皆様に贈る至極の一冊。 私も取材の要請を受け、参加させて頂いています。 医大生に講義をする時、良く質問をされる事があります。 「化粧品があり過ぎて、溢れかえっていて、正直何を信じて選んだら良いのかさっぱりわかりません??」 雑誌では、知り得ない美容の真実が満載の一冊。 美容ジャーナリストとして、30年のキャリアを持ち、業界でもプロ中のプロとして有名な、著者近藤氏の鋭い筆が光る必読の書となりました。 写真

集英社「SPUR」8月号 2014年上半期ベストコスメティックス

集英社「SPUR」8月号 2014年上半期ベストコスメティックス 9月号 Tsクレンジングウオッシュジェルが、SPUR8月号でベストコスメ に選出されました。 DSCF4522

SPURと言えば、今やモードファッション誌として日本を代表する雑誌。 ご選出くださいました美容ジャーナリストの方々、編集部の皆様、本当にありがとうございました! 9月号では、津田式静脈マッサージ洗顔バージョンをご紹介させて頂いています。

モデルさんが実践する指導に、私もスタジオに伺わせて頂きました。 写真

美容ライターさんのワンちゃんもこの日は、特別参加! 撮影の場を和ませてくれました。 スタッフの皆様、楽しい撮影ありがとうございました

! 写真 (1)

クロワッサン 8/10号 「いま免疫力を鍛えよう」

クロワッサン 8/10号 「いま免疫力を鍛えよう」 ・・・皮膚科医がアドバイス、肌免疫力を高めるための大切なお手入れ・・・ 写真 肌免疫を高めるためのお手入れについて、取材を受けていたクロワッサンが発売になりました。 ちょうど取材を受けるほんの数日前、とある場所でサングラスをかけたスタイル抜群のオーラを放つ素敵な女性と居合わせる機会がありました。 その人は、何と今回のクロワッサンで表紙と冒頭巻頭企画を務められた、草刈民代さんだったのです。 この号では、草刈さんの「老けを知らないカラダをつくる、メソッドと生活習慣」も紹介されています。 草刈さんのオーラの秘密も垣間見てください。 TSUDAコスメのご愛用者の方にも、ご一読頂ければ嬉しいです!

「ar」アール8月号 齋藤 薫 「ブランド力学」

「ar」アール8月号 齋藤 薫 「ブランド力学」 ------TSUDA SETSUKO-------- スキンケアに真の正解をくれるドクター 写真 「津田式スキンケア洗顔」こそを待っていた!!と、arアールにご紹介くださったのは、齋藤 薫さん。 すでに、皆様良くご存知だと思いますが、日本における美容ジャーナリストの草分け。 美容エディター達から「神(ゴッド)」と呼ばれている業界でも特別な存在の方です。 彼女が、昨年のTSUDAの美容液2品に続き、今回もarの連載、ブランド力学に「津田式スキンケア洗顔」をご紹介くださると、突然、編集部より連絡を頂いて出版を楽しみにしていました。 読ませて頂くと、ビックリ! 私、本当はこういう事を言いたかったのよね!と、製作者の私にさえ思わせてくれる、鋭い視点と長年の彼女のキャリアが醸し出す文章。 TSUDAコスメの愛用者の方にも、そしてまだこのブランドを手にした事の無い方にも、一度ぜひ目を通して頂きたい、美容業界の「女神」の力強い応援歌です。